【銀行カードローン】銀行系で低金利で借りる5つのポイント!※即日融資・審査

銀行カードローン審査で落とされる原因

ginkou_card60

どんな銀行カードローンでも申し込みの後には審査が行われます。審査に合格するために最低限必要な条件は示されているときもありますが、細かな審査基準は教えてもらえないのが普通です。とはいえ、銀行カードローンに申し込みをして落ちた人の傾向を分析することで、ある程度、落ちる理由は解明されてきています。

最も多いのは収入に問題があって落ちるパターンです。銀行カードローンは金利が低いですから、その分だけ利用者には確実に返済できる能力が求められます。収入の高さも大事ですし、収入の安定性も大事です。アルバイトやパートでも申し込めることはありますが、よほど稼いでいないと銀行カードローン審査を通るのは難しいです。

また、借入総額が問題になるパターンもあります。いくら収入が多かったとしても、今多額の借金があるという人は、返済に回す余裕が無いはずですから、銀行からは低く評価されてしまいます。なお、銀行などの金融機関は個人の借金総額を正確に把握する手段を持っていますから、嘘の借金総額を申告してもバレてしまいます。

過去の金融機関との取引でトラブルを起こしていて落ちるパターンもあります。例えば、過去に借金をしたのに債務整理で解決したとか、借金の返済を数ヶ月に渡って滞納したなどはほぼ確実に落とされる原因になります。そうでなくても、例えばその銀行の口座で公共料金の滞納をしたことが何度もあるという人もやや落とされやすくなります。

また、今まで全くカードローンやクレジットカードなどを使ったことが無いという人も落とされてしまう場合があります。これはちょっと特殊な事情があって、金融機関は個人の借金情報を把握しているのですが、情報の保存には10年ぐらいの期限があります。そのため、自己破産をして金融機関から借り入れを断られ続けて、10年経って自己破産情報を消去してもらえた人と、純粋に今まで全く借金したことの無い人の借金履歴は区別がつかなくなってしまうのです。

以上、過去の借金トラブルの有無、現在の借金の有無、収入の高さと安定性などが銀行カードローンの審査ではポイントになります。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top