【銀行カードローン】銀行系で低金利で借りる5つのポイント!※即日融資・審査

銀行カードローンの審査で気をつけるポイント

ginkou_card53

・はじめに
銀行カードローンは多くの場合で総量規制の対象外になる為、消費者金融と比べて借り入れ限度額が大きく設定されることが多いようです。総量規制とは、年収の3分の1以上借り入れすることができない法律なので、年収が少ない人は、借り入れできる金額も少なくなってしまい、年収の多い人ほど借り入れできる金額も多くなるとうわけです。アコムやプロミスやレイクなどの多くの消費者金融は、総量規制の対象になりますので、年収の3分の1以上の借り入れすることはできません。ですが、さきほど述べた銀行カードローンは、多くの場合で総量規制の対象外になりますので、借り入れできる金額も多くなります。消費者金融と比べて銀行カードローンのほうが、金利も安くサービスも充実していることが多いので、お金を借りたいと考える人の多くは、銀行から借り入れしたいと願うと思いますが、現実的に消費者金融からお金を借り入れしている人もたくさんいます。それは何故か。それは、消費者金融のほうが、金利が高いし総量規制の対象になりますが、審査がスピーディーで審査に通りやすいと認識されているからでしょう。実際に銀行カードローンの審査に落ちてしまったけれど、消費者金融の審査は通ったという人はたくさんいます。銀行カードローンの審査で気をつけるべきポイントを抑えておけば、審査に落ちるリスクも減るかもしれません。

・審査で気をつけるポイント
銀行カードローンで気をつけるポイントは、ざっくり言えば3つあります。自分の属性、他社からの借り入れ状況、金融事故の有無。この3つに問題がなければ審査に落ちることはありません。ですが、多く人が引っかかってしまうポイントがあります。それは、他者からの借り入れ状況です。銀行カードローンは、総量規制の対象外になることが多いのですが、カードローン申請者の年収に対して、他社からの借り入れ金額が総量規制のギリギリの状態ですと、審査に落ちてしまう場合があります。それと会社の勤続年数も重要になります。勤続年数が短いと、継続的に返済してもらえるかわからないと銀行は判断しますので、勤続年数が短い場合でも、審査に落ちてしまう原因になりえます。金融事故は、過去に返済が滞ったり、自己破産の有無などになります。過去に自己破産をしていれば審査に落ちてしまうこともあります。以上のことを踏まえて、申し込みをすると自信を持って申し込みすることができますので、自分のことをしっかり把握することが重要になります。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top