【銀行カードローン】銀行系で低金利で借りる5つのポイント!※即日融資・審査

銀行カードローンのメリットとデメリット

ginkou_card100

カードローンの種類はいくつかありますが、大きく分けると消費者金融系のカードローンと銀行系のカードローンがあると思います。ではこの二つのカードローンどちらにすれば良いのか迷う方も多くいると思います。何も考えずに適当にカードローンの会社を選ぶのも良いかもしれませんが、最初の選び方次第によって実は得する場合と損する場合もありますので自分に合ったカードローンの会社を探すことが賢いと思います。

では、今回は実際に銀行系のカードローンの特徴とメリットデメリットを簡単に説明したいと思います。

大きなメリットは消費者金融系のカードローンの会社に比べると金利面の負担が少ないことだと思います。消費者金融系のカードローンに比べて銀行系のカードローンは審査に通れば低金利で借りられるため返済プランの面でかなりのメリットがあると思います。

もう一つ大きなメリットが銀行系のカードローンは総量規制の対象外ということ、この総量規制に引っ掛かるために消費者金融系のカードローンでは借りられないという方の場合は銀行系のカードローンの方がメリットは大きいのではないでしょうか。

そんな大きなメリットがある銀行系のカードローンですが、もちろん消費者金融系のカードローンに比べてデメリットもあります。

一番のデメリットがやはり審査が厳しいこと、全ての銀行系のカードローンに当てはまるわけではないのですが、全体的な印象として消費者金融系のカードローンよりもやや厳しく少しの信用不安情報で審査が通らないケースも多くあります。特に大手の銀行系のカードローンは甘い審査の所はほとんど無いのではないでしょうか。

審査の時間もやや長いのもデメリットの一つかもしれません、消費者金融系のカードローンに比べて審査に慎重なためかやや時間がかかる印象があります。

信用情報に不安がある方は銀行系のカードローンの審査に通りにくい、しかし信用情報に不安が無い方なら低金利で借りられる銀行系のカードローンを私はおススメします。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top