【銀行カードローン】銀行系で低金利で借りる5つのポイント!※即日融資・審査

銀行カードローンの審査は厳しいの?

ginkou_card169

カードローンを大きく分けると消費者金融・信販・クレジット会社などノンバンク系と銀行系に分かれます。どちらもカードローンには変わりませんが、微妙な違いがあります。その微妙な違いの一つが金利です。基本的に銀行系のカードローンの方が金利が低く設定されています。どうしてそうなっているのか?その理由は、審査基準に違いがあるからなんです。
ノンバンク系のカードローンの場合は、一定の収入があって他社での借入合計が年収の3分の1以下であれば大抵は審査を通過できます。主婦の方でも夫の同意書があれば利用することができたりします。ところが銀行系のカードローンの場合は、パートやアルバイトの方でも申し込み可能と書いていない場合は審査に通過することは難しく、正社員や公務員などを対象にしている場合が多いのです。つまり、審査基準としては銀行系の方が厳しいというのは間違いありません。
ただし、審査が厳しいからと言ってあきらめてしまうのは早計です。最近では銀行系カードローンもノンバンク系カードローンに負けないようにサービスが向上していますし、積極的に貸し付けを行っています。ひところよりも審査基準は緩和傾向にあるのです。さらに、ノンバンク系のカードローンの場合は年収の3分の1以上を他社で借り入れている場合はお金を借りることはできません。ところが銀行系のカードローンの場合は総量規制の対象外なので他社で年収の3分の1以上借りていても返済能力があると見なされれば審査に通過する可能性も残っているのです。
こうしてみると、銀行系のカードローンの方が審査が厳しいとも言えないことがわかると思います。いずれにしても金利はできるだけ低い方がよいに決まっています。ちょっとの違いだと思っても、支払いが長くなってくるとその差が身に染みてくるようになるのです。審査に合格するか心配だからといってあきらめずに銀行系カードローンの審査を受けてみることをお勧めします。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top