【銀行カードローン】銀行系で低金利で借りる5つのポイント!※即日融資・審査

銀行カードローン審査が厳しいってホント?ウソ?

ginkou_card152

よく、銀行カードローンの審査は、消費金融のローン審査に比べ基準が難しいとも言われていますが、実際の所、本当なのでしょうか?しかし、その話は、少し前の事。今では、消費金融の場合、総量規制によって年収の1/3の縛りがある事を考えれば、反対に総量規制が関係ない銀行カードローンの方が審査が厳しくないと言う事も言えるのかも知れません。
確かに銀行カードローンの場合、他の金融機関での延滞中や事故情報があれば、審査を通過する事は厳しくなっています。その反面、初めてカードローンなどを使用する人で、安定した収入がある人。また、専業主婦の人でも、これらの事故情報が一切ない状態なら、まず、審査を通過する事は間違いありません。
消費金融の場合、総量規制が当てはまるので、年収の低い人では思い通りの金額を借り入れする事ができなかったり、ましてや、自分自身に収入のない専業主婦の人は、申し込みすらできな状況になっています。
そんな人でも、銀行カードローンなら、申し込みを行う事ができる点から言ったも、審査が厳しいと一概に決めつける事は出来ないと思います。
また、複数の消費金融から借り入れを行い、総量規制をオーバーしてしまった場合、新たに消費金融へ審査を申し込んでも借りる事が出来ない場合があります。しかし、総量規制のない銀行カードローンなら、時によっては借り入れを行う事ができるのです。
この事からも消費金融に比べ、銀行カードローンの方が審査が厳しいと決めつける事は難しくなってくると思います。
これらすべての事から考えても、一概に銀行カードローンの方が審査が厳しいという事が言えない事がわかってくると思います。確かに銀行カードローンの場合、信用情報などのチェックは厳しくなっています。なので、一度でも事故を起こした人や、滞納中の人は、審査が難しくなってくる事は事実です。
しかし、これらのような事故情報などなく、返済能力があるにもかかわらず、総量規制に引っかかってしまっている人などは、総量規制のない銀行カードローンなら、返済能力さえ認められれば、年収の1/3を超えても借り入れを行う事ができるのです。
なので、一概に誰にでも銀行カードローンの審査が厳しいと言うわけではなく、利用する人によって、厳しさは違ってくるという事が言えるのではないでしょうか。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top