【銀行カードローン】銀行系で低金利で借りる5つのポイント!※即日融資・審査

銀行カードローンの種類

ginkou_card124

銀行カードローンは銀行が母体となってサービスを展開しているため、利用する上での安心感が高く、金利も安いため非常に人気の高いカードローンです。
消費者金融に比べて審査が厳しいというイメージがある銀行カードローンですが、実際のところはどうなのでしょうか。
銀行カードローンにも様々な種類があり、大手銀行、地方銀行、ネット銀行、商業施設との連携を主体にする銀行などからカードが発行されています。大手や地方銀行は昔からある銀行で、ネット銀行や商業施設連携型の銀行は新たな形態の銀行と呼ばれる部類になります。
審査基準も昔ながらの銀行と新たな形態の銀行では少々異なり、大手や地方銀行の場合、一定額以上の年収が必要な場合が多いのに対し、ネット銀行などは20歳以上で安定した収入があれば誰でも利用が可能になっていることが多いのが特徴です。50万円以下での申し込みに関しては収入証明書の提出を不要にしている場合が多いのも新たな形態の銀行の特徴で、どちらかといえば審査基準なども消費者金融に近いといえるかもしれません。大手や地方銀行の場合には、小額の申し込みでも収入証明書の提出が必須となっている場合がほとんどですし、審査にかかる時間も数日間を要するので即日融資には対応していないのが現状です。ネット銀行などの場合には、即日融資にも柔軟に対応していますし、審査までの時間も非常に短く、早い場合では30分程度で利用が可能になることもあるようです。
利便性の面だけで言えば新たな形態の銀行のほうが確実に便利なわけですが、大手や地方銀行のカードローンの場合、それを利用していることで車や住宅ローンなどの金利割引といったサービスを受けること出来ますし、いつも利用しているメインバンクのカードであるという安心感はネット銀行などにはないものでしょう。
自分のライフスタイルに合わせた銀行カードローンを見つけることで、生活の幅が広がるのではないでしょうか。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top